消費者金融などの貸し金業者に、複数の債務が出来てしまい、返済をするのが困難になってしまった人も少なくありません。
ほとんどの弁護士事務所では、無料相談を行っているため、借金の金額に応じた債務整理の方法を提案してくれます。
債務整理の手続きを行うことで、借金を減額してもらったり、免責が受けられるので生活を立て直せるようになります。
借金の金利が膨れ上がり、返済が不能になったり、厳しい取り立てで悩んでいる人は、一人で悩んでいても解決しませんから、借金問題に詳しい弁護士にアドバイスを受けるようにしましょう。

借金の総額が比較的少ない場合は、裁判所を介さずに債権者と交渉する任意整理を行うことで、借金を減額してもらえます。
任意整理は自己破産とは違って、残った債務は返済する必要がありますが、減額をしてもらうと、決められた期間内に完済ができます。
借金の総額が大きくなってしまい、収入を大きく上回っている時は、自己破産を勧められるケースがほとんどです。
自己破産は裁判所を介して、免責が認められたら、住宅や自動車などの資産を手放す必要がありますが、債務を返済する必要はなくなります。

キャッシングやカードローンを長年返済をしているけれど、借金がなかなか減らないと感じている人や、すでに完済をしている人も、過払い金が発生している可能性があります。
弁護士に相談すると、過払い金が発生しているか、調査をしてもらえるため、払いすぎたお金が戻ってくる可能性があります。